ルミガンで緑内障

ルミガンで緑内障を治療

ルミガンの名前は、まつ毛のボリュームアップが実現する製品として、日本では知られています。

ルミガンが当初開発された目的は、緑内障を治療する点眼液としてでした。

緑内障の症状に、ルミガンに配合されている有効成分のビマトプロストが働きかけます。

病院で緑内障と診断された複数の患者さんが、ルミガンの点眼液を処方され、治療を行っていました。

その過程で、ルミガンを使用する前から患者さんがかけている眼鏡のレンズに、まつ毛があたるほど長くなったなどの異変が寄せられたということです。

複数の患者さんから、このような副作用の相談があり、そこから研究が進められて、現在のようなまつ毛の美容効果が発見されたのです。

副作用と言うと、通常は悪いイメージしかありませんが、新たな効果が導き出され、女性たちの美容に役立っているというのは珍しいように思います。

目の水晶体などには血管が組織に通っていないのですが、房水という名前の液体が栄養を運搬しています。

房水は、健康な状態ではシュレム管呼ばれる穴から排出されていますけれど、出て行かずに詰まった場合、目の眼圧が高くなるという症状を引き起こします。

視神経の圧迫につながって、緑内障になったり視力障害などに発展するのです。

眼圧が高いままでは症状が治りませんので、下げる必要があります。

ルミガンに含有されるビマトプロストという有効成分が、下げる効果を発揮します。

ビマトプロストは眼圧低下効果だけでなく、まつ毛の毛包に作用して毛周期の成長促進をさせたり、まつ毛のメラニン色素が作られるのを活性化したりなどすることが分かっています。

緑内障の治療のために、当初医師からルミガンを処方された患者さんは、まつ毛が長くなっていくことを、もしかしたら好ましく思っていなかったかもしれません。

しかし現在では、美容に関心の高い多くの女性たちが、アメリカ本国から遠く離れた日本からも購入を求めるほど、人気アイテムとなっています。

>>ルミガンの詳細はこちら<<