ルミガンを緑内障治療

緑内障治療にトラバタンズ点眼液


緑内障の治療薬というと、現在の主流はPG関連薬の点眼液です。



一昔前までは、主にキサラタンが緑内障治療に処方されていました。



現在ではトラバタンズやルミガンなど種類が増えていますので、患者さんの症状に適したものを選びやすくなっています。



種類は、ビマトプロスト(ルミガン)やラタノプロスト(キサラタン)、タフルプロスト(タプロス)、トラボプロスト(トラバタンズ)があります。



これらの治療薬が単体で処方される以外に、合剤もありますから、選択肢はもっと豊富だということになります。



具体例としては、デュオトラバというチモロールとトラボを融合させたものや、ザラカムと呼ばれるチモロールとラタノを調合したものなどがあげられます。



症状や回復状況にあわせて、配合の割合などを調整することなどもできそうです。



処方される治療薬で注目が高まっているものに、ジェネリック医薬品があります。



ジェネリック医薬品は、含有されている有効成分がほぼ同じ効き目でありながら、安い価格で購入できるようになっています。



ジェネリック医薬品のラタノなどは、緑内障を治す薬です。



点眼液の中でもPG関連の種類は、ジェネリック医薬品も含めると数がとても多くなっています。



緑内障と診断した患者さんに医師が治療薬を処方する際、あまりに種類が多すぎて、選ぶのが大変なケースもあるということです。



こうした中でも点眼液のルミガンは、眼圧を下げる働きがとても高いことから、その有効性により大勢の患者さんを治療してきています。



現在主流となっているルミガンが開発される以前は、キサラタンが一般的に使用されてきました。



長年に渡って選ばれてきたので、ルミガンの登場はとても画期的だったそうです。



トラバタンズなど、塩化ベンザルコニウムを使用していない治療薬も販売されています。



高い治療効果を発揮する薬はたくさんありますが、今もなお画期的な新薬を求めて、緑内障患者さんを助けるために、研究が進められているということです。

 

 

>>ルミガンの詳細はこちら<<